ワイシャツを干す

衣類別のクリーニング

ワイシャツのクリーニング頻度はどれくらい?清潔に保つために

仕事でワイシャツを毎日着ているというビジネスマンは多いと思います。

自宅の洗濯機で洗うと言う人も多いでしょうが、たまにはクリーニング出して黄ばみや皮脂をしっかり洗い落としてもらってはどうでしょうか。

また、クリーニングに出す事で、きれいにアイロンがけされて返ってくるので気持ちよく袖を通す事ができます。

そこで、今回はワイシャツをクリーニングに出す頻度はどれくらいが適切なのかと言う事について説明していきます。

ワイシャツをクリーニングに出すメリット

並んだ3つのワイシャツ

まずはワイシャツをクリーニングに出すメリットについて確認をしていきましょう。

汚れをしっかりと落とせる

ワイシャツをクリーニングに出す事で、洗濯機で落としきれない皮脂や黄ばみなどの汚れを落とす事ができます。

特に夏の暑い日などは、ワイシャツにはたくさんの汗や皮脂などの汚れが付く事でしょう。
そのまま汚れを放置していると酸化して黄ばみの原因となりますので早めのクリーニングが大切です。

きれいな仕上がりが期待できる

クリーニングに出す事でパリッとアイロンで仕上げてもらえるので気持ちよく袖を通す事ができるでしょう。
普段からアイロンがけを頑張っていると言う人も多いでしょうが、やはりプロのアイロンがけにはかなわないでしょう。

クリーニング店ではワイシャツにフィットする専用のプレス機でシワを伸ばすので自宅でアイロンがけするよりも綺麗にシワを伸ばせるのです。

ワイシャツをクリーニングに出すデメリット

悩む女性

それでは、ワイシャツをクリーニングに出すデメリットはどの様な物があるのでしょうか。
メリットばかりではなく、デメリットも確認しておきましょう。

クリーニング費用がかかる

ワイシャツをクリーニングに出すデメリットとしてはクリーニング費用が必要になるということでしょう。

自宅で洗濯機を使えば無料で洗えるのに対し、クリーニングでは1着に月150円〜300円程度必要になるので、その点はデメリットと言えるでしょう。

もちろん、費用がかかる分、自宅で洗うよりも綺麗に仕上がりますので、メリットとデメリットを比較し判断する事が大切です。

お店に持っていく手間がかかる

続いてのデメリットはお店まで持っていくのが手間と言うことでしょう。
自宅の近くにクリーニング店があればよいのですが、近所にない場合は少し手間です。

また、クリーニングが終わったら取りに行く必要があるので、その点も少し不便と感じる所でしょう。
ワイシャツだけなら1〜2日で仕上がりますが、他の衣類とわせてクリーニングに出すと1週間程度の時間が必要になります。

ワイシャツのクリーニング頻度は?

いいねポーズの男性

ここまでワイシャツをクリーニングに出すメリット・デメリットについて確認していきました。
それではワイシャツはどれくらいの頻度でクリーニングに出すと良いのでしょうか。

1ヶ月に1度程度がおすすめ

ワイシャツをクリーニングに出す頻度には特に決まりがあるわけではありません。
特に汚れが酷いなどの理由がなければ、1ヶ月に1度程度のクリーニングで良いでしょう。

しかし、夏場などはたくさんの汗がワイシャツに染み込みますよね。
ですので、その様な場合は1週間に1度程度でも良いでしょう。

汗や皮脂が十分に取れていないと黄ばみの原因となり、汚れが落ちづらくなってしまいますので汚れをしっかりと落としておく事が大切です。

ワイシャツのクリーニング費用

ワイシャツのクリーニングは1着辺り150円〜300円位が相場となっています。
クリーニングだけでは落とせない頑固な汚れはオプションを使って落とす事も検討してみましょう。

ワイシャツのクリーニングオプションはお店によって異なりますが、「汗抜き、シミ抜き、漂白加工」などがあります。

汗をたくさん書いた時は汗抜き、シミや食べこぼしの汚れなどはシミ抜き、黄ばみを落としたい場合などは漂白加工を選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回はワイシャツのクリーニングについて紹介をしていきました。

仕事で毎日ワイシャツを着ていくと知らない間に汚れや黄ばみなどができている事があります。
定期的にクリーニングに出して黄ばみの原因となる汚れをしっかりと落として清潔な状態を維持しておきましょう。

また、クリーニングに出すことでワイシャツがパリッと仕上がりますので、見栄えも違ってくるはずです。
大切なプレゼンの前や重要な打ち合わせの前には、ワイシャツをクリーニングに出して好印象を与えられるようにしておきましょう。

-衣類別のクリーニング

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.