衣類別のクリーニング

ウールコートのクリーニング料金・相場はどれくらい?

ウールコートをクリーニングに出したいけど「どれくらいの費用がかかるかわからない」という人も居るでしょう。

クリーニング費用について調べましたので参考にしてください。
また、ウールコートをクリーニング出したほうが良い理由についても紹介していきます。

ウールことはちゃんと手入れする事で長持ちさせる事ができますので、簡単に手入れ方法も紹介していきます。

最後まで読んで頂けましたら幸いです。

ウールコートはクリーニングに出した方が良い?

クローゼット

それでは、まずウールコートをクリーニングに出したほうが良い理由を確認していきましょう。

自宅で洗うと型崩れしやすい

ウールコートはデリケートな衣類で自宅で洗うと型崩れしやすいという問題があります。
ウールは水で洗うと縮んでしまいますので、ドライクリーニングで洗います。

失敗しても後悔しないと思えるウールコートなら自宅で洗ってみるのも良いかも知れません。
しかし、そうでなければウールコートはクリーニングに出したほうが良いでしょう。

クリーニングに出す事でシミや虫食いを予防

定期的にクリーニングに出す事で、表面についたホコリや汚れを落とす事ができ、シミや虫食いの原因を取り除く事ができます。

汚れは時間が経つとシミや黄ばみに変化する事があります。
また、目には見えなくても細かなホコリや皮脂などの汚れが付いており、虫食いの原因になる事がありますので、定期的にクリーニングに出しておきましょう。

正しく手入れすれば長持ちさせられる

ウールコートはクリーニングに出したり、ブラッシングをしたり正しく手入れする事で長持ちさせる事ができます。

日々の手入れはもちろん、定期的なクリーニングも重要です。
シーズンに1〜2回程度はクリーニングして、しっかりと汚れを落としておきましょう。

汚れを落とすことで、様々なトラブルを事前に防ぐ事ができますし、清潔で快適な状態を維持する事が可能です。

ウールコートは日頃の手入れも重要

毛玉取りブラシ

続いて、ウールコートの日頃に手入れについて紹介していきます。
簡単なことばかりですが、ちょっとした手入れの差が大きな違いにつながる事もあります。

面倒だと思っても、できるだけ手入れをしておく事で、気持ちよくウールコートを着続ける事ができるでしょう。

ブラッシング

ウールコートを脱いでクローゼットに入れる前には専用のブラシでブラッシングをすると良いでしょう。
コートなどの一番上に着る衣類は表面にホコリやゴミ、花粉などの汚れが付着しています。

ブラッシングをする事で、簡易的ではありますがそれらの汚れを取り除く事ができます。
家に帰ってきたらすぐにブラッシングすれば他の衣類に汚れが写ってしまう事も防げます。

毛玉取り

もし、毛玉ができてしまったら毛玉取り機を使って取り除きましょう。

毛玉ができたまま放置すると、周りの繊維がどんどん絡みつき徐々に大きくなってしまいます。
毛玉を見つけたら、専用の毛玉取り機を使うか、ハサミなどを使って慎重に取り除くと良いでしょう。

ウールコートのクリーニング相場

ここまで、ウールコートをクリーニングする理由と手入れ方法について紹介をしていきました。

ウールコートをクリーニングに出す事について理解は深まったと思いますが、どれくらいの費用で利用できるのか気になりますよね。

続いて、主なクリーニング業者でのウールコートクリーニング費用について調べましたので紹介していきます。

業者名 業者のタイプ ウールコートのクリーニング費用
リネット 宅配クリーニング 1,900円
リナビス 宅配クリーニング 1,710円(5点パック)
ポニークリーニング 店舗型のクリーニング 1,300円~
ホワイト急便 店舗型のクリーニング 780円~(店舗により異なる)
白洋舎 店舗型のクリーニング 1,900円〜

おすすめはリネット

リネット

リネットは宅配クリーニングですから、全国のどの地域からでもクリーニングを利用する事ができます。

近所にポニークリーニングやホワイト急便などがあればそちらでも良いですが、どこに住んでいても便利に利用できると言う点でリネットはおすすめです。

リネットは満足度の高い宅配クリーニング業者ですので、初めての人にもおすすめです。

ウールコートをクリーニングに出す頻度

考える女性

それでは、最後にウールコートをクリーニングに出す頻度について確認していきましょう。
頻繁にクリーニングに出しすぎても、出さな過ぎても良くないので適切な頻度を心がけて利用しましょう。

シーズンが終わったらクリーニング

ウールコートのクリーニングは目立った汚れがついた時と、シーズンが終わってクローゼットの奥に仕舞うタイミングに出すと良いでしょう。

何度もクリーニングに出すと質感が損なわれる場合ありますので、頻繁にクリーニングに出す必要はありません。

ブラッシングでもある程度汚れを落とすことができるので、日頃の手入れも重要です。
適切なクリーニング頻度でウールコートをいつまでも大切に着ていきましょう。

まとめ

今回はウールコートのクリーニングについて紹介をしていきました。
ウールは自宅で洗うと縮んでしまい、せっかくのコートが型崩れしてしまいます。

ドライクリーニングを利用する事で、コートを傷めずに綺麗にする事ができるのです。
また、日頃の手入れも重要ですのでクリーニングと併せてブラッシングなどもしておきましょう。

せっかくのウールコートですから、いつまでも気持ちよく袖を通せるようにしておきましょう。

地域別のクリーニング情報

北海道・東北地方

関東地方

中部地方

近畿地方

中国地方

九州地方・沖縄県

-衣類別のクリーニング

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2021 All Rights Reserved.