撥水している繊維

宅配クリーニングの基本

クリーニングは撥水加工してもらうメリットは?防水加工との違いは?

「撥水加工をする事で雨や飲みこぼしで濡れても大丈夫!」と考えて、コートやダウンジャケット等のアウター類に撥水加工をしようと思っている人も居るでしょう。

しかし、撥水加工について詳しく理解していると言う人は少ないのはないでしょうか?
そこで今回はクリーニングの撥水加工について調べましたので参考にしてください。

撥水加工をするメリットやデメリットはどのような物があるのでしょうか。
また撥水加工と防水加工の違いについても説明しています。

最後まで読んで頂けましたら幸いです。

撥水加工とは

水を弾く衣類

撥水加工は簡単に言うと「水を弾く加工」の事をいいます。

撥水効果を得るためにフッ素分子を吹きかけるのですが、フッ素の分子が小さいほど繊維の奥まで入り込み効果が長続きします。

撥水加工はクリーニングに出す他にも撥水スプレーを吹きかける事で効果を得る事ができます。
スプレーとクリーニングでは、基本的にクリーニングの方が細かいフッ素分子吹きかける為、効果が高く長続きします。

撥水加工のメリット

撥水加工をする事で衣類が水分を吸わない為、雨が降っても衣類に染み込んで冷たいという思いをする事はありません。

また、ジュースなどの飲み物をこぼしても繊維の奥までは染み込まず、そのまま流れ落ちて行きますのでシミや汚れが付きやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

撥水加工のデメリット

撥水加工のデメリットとしては、一度施したからと言って「永続的に効果があるわけではない」という事です。

その為、効果を継続させたい場合には定期的な撥水加工が必要になります。

またクリーニングに出すことで効果がなくなってしまいますので、クリーニングに出す際には注意が必要です。

撥水効果が必要な場合は都度オプションで撥水加工を依頼する必要がありますので、追加費用が発生する事を認識しておきましょう。

撥水加工と防水加工の違いは?

長靴を履いている子供

ここまで撥水加工について説明をしていきましたが、よく似た効果を持つ加工に「防水加工」というのがあります。

それでは、撥水加工と防水加工にはどの様な違いがあるのでしょうか?

撥水と防水の違い

撥水と防水は簡単に言えば下記の様な違いがあります。

  • 撥水・・・水をはじく
  • 防水・・・水を通さない

撥水は水を弾くため洋服に液体を当てると、水玉になりそのまま流れ落ちていきます。
しかし、勢いよく水をぶつけると通してしまいますので、激しい雨などでは中に染み込んでくる可能性があります。

一方、防水では水を弾く効果が弱いものの、水を通さないと為、激しい雨でも中に染み込んでくる事はありません。

レインコートなどをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

このように防水と撥水では違いがあり特性が異なります。

撥水加工がおすすめの衣類

人差し指を上げる女性

それでは、どのような衣類に撥水加工を施すと良いのでしょうか。

撥水加工をおすすめする衣類としてはアウター類やスキーウェアなどの雨や雪などにさらされる可能性の高い衣類がおすすめです。

また、ネクタイやスラックスなどの汚したくない衣類、頻繁に洗う必要のない衣類に撥水加工をすると良いでしょう。

撥水加工の料金

それでは、撥水加工の料金はどれくらいなのでしょうか。
撥水加工はクリーニングのオプションとして選択できますので、クリーニングする事が前提です。

今回は、主な宅配クリーニングとクリーニングの撥水加工のオプション料金を紹介していきますので参考にしてください。

クリーニング 料金
リネット +400円
リナビス +1070円
ネクシー +700円
ポニークリーニング +500円
白洋舎 オリジナル料金の50%増し
(但し、最低 300円、上限2,200円)

まとめ

今回はクリーニングの撥水加工について紹介をしていきました。
撥水加工の効果や、メリット・デメリットなどについて幅広く説明しましたので理解が深まったと思います。

撥水加工を施す事で衣類に液体が染み込みづらくなり、雨や雪などを防ぐことができます。
また、飲みこぼしや泥などの汚れも落ちやすくなるので、汚したくない衣類に施すのもおすすめです。

撥水加工は永続的に効果があるわけではなく、定期的に施す必要があります。
うまく活用して、快適に過ごしましょう。

-宅配クリーニングの基本

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.