宅配クリーニングの基本

宅配クリーニングと店舗型のクリーニングを比較

宅配クリーニングと店舗型のクリーニング店との違いはどのような点でしょうか?

それぞれのメリット、デメリットを確認してみましょう。
利用する状況によっては宅配クリーニングの方が便利だったり、逆に店舗型のクリーニングの方が便利だったりします、シチュエーションを考えながら利用することが大切です。

店舗型クリーニングの特徴

実際にクリーニングに出したことがある人も多いでしょう。
店舗型のクリーニングの特徴を確認していきます。

スタッフに要望を伝えられる

まず、店舗型のクリーニングと特徴と言えばスタッフと対面で直接話せる事です。
事前に色々な要望を伝えることができます。

気になるシミのある場所を伝え、シミ抜きをしてもらったり、ボタンの付け直しをお願いできたりします。
また、衣類別のおすすめプランなどを説明してもらう事もできますので、納得してクリーニングを依頼できるでしょう。

実店舗があるから安心できる

実際に店舗があるから大切な衣類を預けても安心ですよね。
万が一のトラブルがあった際でも店舗に駆け込めば直接クレームを伝えたり、交渉できたりします。

また、店舗スタッフと対面して話をするだけでも安心感がありますよね。

店舗型はやはり安心感という点で優れているといえるでしょう。

宅配クリーニングの特徴

店舗型のクリーニングの特徴に続いて、宅配クリーニングの特徴を確認していきましょう。

自宅から手軽にクリーニングできる

宅配クリーニングの特徴は「家から一歩も出ることなくクリーニングに出せる事」です。

集荷からお届けまで全てやってくれるので、自分でやることといえば、クリーニングに出したい衣類を段ボール箱に詰めることくらいです。
また、事前に申告すれば梱包用のダンボールも用意してもらえます。

宅配クリーニングでは直接シミ抜きの箇所など要望を伝えることができませんが、業者によってはシミを発見したら無料でシミ抜きをしてくれたり、ボタンの修繕などもしてもらえる業者もあります。

長期保管サービスなど便利なオプションサービス

長期保管サービスもありますので、シーズンオフになった衣類を預けておくこともできます。
また、長期保管サービスでは衣類にとって最適な環境で保管してもらえますので、シミや汚れが付く心配もありません。
長期間保管から帰ってきた衣類はクリーニングしたての着心地を実現できます。

このように便利なオプションサービスが用意されいるのも宅配クリーニングの特徴です。

テレビやメディアで取り上げられて話題

最近ではテレビなどのメディアなどに取り上げられたりして、話題になりつつありますので、今後利用者の増加も予測できます。
このまま普及が進めば誰もが安心して利用できるサービスになっていくでしょう。

便利なだけでなく、店舗型クリーニングに負けず劣らずの安心できるサービスになってくれると利用者としても選択肢が増え嬉しい限りですよね。

それでは店舗型クリーニングと宅配クリーニングの違いを表にして比較してみましょう。

店舗型と宅配クリーニングの比較

それでは実際に店舗型のクリーニングと宅配クリーニンとの比較をしてみましょう。

店舗型にしても宅配クリーニングにしても業者によって情報が異なりますので、今回は店舗型ではポニークリーニングの情報、宅配クリーニングではリネットの情報を比較してみましょう。

比較項目 ポニークリーニング(店舗型) リネット(宅配)
営業時間 AM9:00~PM20:00 定休日 木曜日 24時間
料金 ワイシャツ(ハンガー):220円
上着:680円〜
ズボン:480円〜
ワイシャツ:290円
スーツ上:950円
スーツ下:660円
お届け 4日ほど 最短2日
送料 不要 通常会員:8,000円未満は往復送料として別途1,800円
プレミアム会員:3,000円未満は往復送料として別途1,800円
シミ抜き ワイシャツ 150円〜 無料
保管サービス なし 最長8ヶ月
コンビニ持ち込み なし 2回目以降は可能
公式ページ ポニークリーニング リネット

実際に比較してみるとわかるのですが、気になるクリーニング料金と言う点では店舗型も宅配クリーニングもそれほど値段に違いがない用に感じます。

ただ、宅配クリーニングの場合は送料を考える必要がありますので、場合によっては割高に感じてしまう事もあるでしょう。

業者によっては、衣類をまとめてクリーニングに出すと送料が無料になるサービスを行っている所もありますので、宅配クリーニングを利用する際には、小分けにして出すのではなく、ある程度まとめてクリーニングに出すと送料を節約できます。

また、長期保管サービスは宅配クリーニングにしかない便利なサービスですので、着なくなった服をきれいに保存しておきたい場合はおすすめです。

まとめ

店舗型クリーニングのメリットとしては直接店員さんと対面して説明を受けられるので衣類を預ける上での安心感はあります。
また、店舗型のクリーニング店であれば、万が一のトラブル時にも直接交渉ができますので自分の要望を伝えやすいと言ったメリットもあります。

宅配クリーニングは時間や場所を選ばない便利さが大きなメリットといえるのではないでしょうか?
近くにクリーニング店がない、仕事が忙しくてクリーニングに出している時間がない、部屋が狭くて衣類を置いておくスペースが足りないと言った場合は宅配クリーニングは大変便利です。
さらに24時間いつでも受付ができるので利用のしやすさという点や、衣類を集荷にきてくれるといった便利さも魅力です。
また、長期保管といった店舗型にはないサービスが利用できる為宅配クリーニングを利用するメリットは沢山あります。

ここまで長々と説明をしてきましたが、簡単にまとめると
「安心の店舗型クリーニングか、便利さの宅配クリーニングか」といった所でしょうか。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、よく理解して自分にあったクリーニングを選ぶと良いでしょう。

-宅配クリーニングの基本

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.