スラックス履いた男性

衣類別のクリーニング

スラックスを清潔に保とう!クリーニングの頻度はどれくらいがいい?

スラックスはスーツのズボン(パンツ)としても着用しますし、プライベートでカジュアルに着こなす人も居るでしょう。

スラックスは様々な用途に使える衣類です。
日常的に履いている人の多いスラックスですが、クリーニングはどの程度の頻度ですればよいのでしょうか?

今回はスラックスのクリーニング頻度について説明していきますので参考にしてください。

また、自宅で洗う方法やスラックスのクリーニングに最適なサービスも紹介していきます。
最後まで読んで頂けましたら幸いです。

スラックスのクリーニング頻度

汗を拭くサラリーマン

それでは、スラックのクリーニング頻度について紹介していきます。

スラックスのクリーニング頻度は季節により異なります。
特に夏場と冬場のクリーニング頻度は大幅に異なってきますので、別々に説明していきます。

夏のクリーニング頻度

夏場は冬に比べると汗や皮脂などの汚れが付きやすく、汚れが蓄積しやすいので必然的にクリーニング頻度は高くなります。

夏場の場合、スーツと一緒に毎日履いているのであれば2週間に1度程度はクリーニングしておきたい所です。

頻繁にクリーニングに出すと傷みが早くなってしまいますので、できれば2〜3着くらいを着回して、クリーニング頻度を下げられるように工夫しましょう。

冬のクリーニング頻度

続いて冬場のクリーニング頻度です。

夏に比べると汗や皮脂などの汚れが出ないため、クリーニング頻度は下がります

冬場は1シーズンに1回程度のクリーニングで良いでしょう。

また、汗や皮脂の出方は体質などによっても異なりますし、スラックスを履く頻度により異なりますので、今回紹介したのはあくまで目安として参考にしてください。

スラックスをクリーニングに出す

ハンガーに掛かっているYシャツ

スラックスはクリーニングに出して洗うことで、汚れをしっかりと落としつ型崩れなどを起こすことなく綺麗にしていくことができます。

スラックスを洗うには宅配クリーニングが便利です。
また、クリーニング費用についても比較していきますので参考にしてください。

スラックスを洗うなら宅配クリーニングが便利

宅配クリーニングはインターネットから簡単にクリーニングを申込みができ、自宅に居ながらスラックスをクリーニングに出すことができます。

コンビニから衣類を送ることもできるので「近所にクリーニング店がない」「仕事で帰るのが遅くてクリーニングに出せない」といった人でも、いつでもクリーニングに出す事が可能です。

また、受け取りの際は宅配ボックスに届けてもらう事もできるので、忙しい人でも宅配クリーニングなら利用する事ができます。

スラックスの宅配クリーニング料金

それでは、実際にスラックスをクリーニングに出す際の料金を確認していきましょう。

スラックスはスーツの上下としてもクリーニングに出すことができますが、今回は単品衣類としてスラックスのみのクリーニング料金を比較していきます。

宅配クリーニング スラックスのクリーニング料金
リネット 660円
ネクシー 690円
白洋舎 720円

リネット

リネット

リネットはテレビCMも放映している人気の宅配クリーニングサービスです。

通常会員(無料)とプレミアム会員(月額390円)の2種類があり、プレミアム会員になる事で様々な特典を受けられるようになります。

初回利用時に限りプレミアム会員なることで全品30%OFFで利用できます。
ですから、スラックスのクリーニング料金は「660円 → 462円」と割引されます。もちろん、その他の衣類にも割引は適用されます。

リネットを利用して便利・手軽にクリーニングを活用していきましょう。

宅配クリーニング「リネット」の口コミ・評判

スラックスは自宅で洗濯できる?

洗濯機

今回はスラックスのクリーニングについて紹介していきました。

しかし、スーツに付いているスラックスではなく、プライベートでカジュアルにスラックスを来ている人も居るでしょう。

そこで、スラックスを自宅で洗う方法についても紹介していきますので参考にしてください。

洗濯表示を確認

スラックスを洗濯するには、まず洗濯表示を確認しましょう。
洗濯表示を確認し水洗いができない場合、洗濯機で洗うのはやめておきましょう。

水洗いマークは「洗濯桶の中に水が入っている」ようなマークとなっています。
もし、このマークに✕がついていれば残念ながら水洗いできません。

また、洗濯表示は他にもありますのでしっかりと確認し、大丈夫そうであれば洗っていきましょう。

スラックスは洗濯できる

洗濯をする際には洗濯ネットに入れましょう

洗濯ネットに入れることで衣類が絡まったり、引っかかったりして擦れたり破れたりするのを防ぎます。
また、洗濯ネットはスラックスの大きさに合わせて適切なものを選びましょう。

洗濯ネットに入れたら洗濯をしていきます。

型崩れしないように気をつけて干す

洗濯が終わったら型崩れしないように気をつけて干していきます。
スラックスは裾の部分を洗濯バサミでつまんで、ウェストを下向きにして干すことによって、重みで自然とシワが伸びていきます。

シワや型崩れしないよう工夫して干していきましょう。

スラックスの手入れ

それでは、最後にスラックスの手入れについて紹介していきます。
ちょっとした事ですが、スラックスを日頃から手入れしておく事で清潔に保つ事ができます。

また、シミや汚れに気づくきっかけにもなりますので、定期的にメンテナンスを行いスラックスを良い状態で維持していきましょう。

スラックスを吊るして保管

ハンガーに吊るされたスラックス

スラックスの手入れをする前にまずはハンガーで吊るしましょう。

ベルトを外し、ポケットの中のハンカチやティッシュも一旦片付けておきましょう。
シワにならないように気をつけながら二つ折りにしてハンガーに吊るします。

ハンガーに吊るしてからブラッシングをしていきます。

ブラッシングしてホコリを落とす

ブラッシングは最初は裾からウエストに向かって行いホコリを浮かせていきます。
その後、反対からブラッシングを行いホコリを落としていく事で綺麗にする事ができます。

あまり強い力でブラッシングをすると生地を傷めてしまうので優しく払い落とすような感覚でブラッシングをすると良いでしょう。

定期的にメンテナンスを行いスラックスの中に入ったホコリを落として清潔にしておきましょう。

まとめ

スラックスはスーツの下として着用したり、プライベートではちょっとしたフォーマルにもカジュアルにも着ることができる衣類です。

様々な用途で着ることができますが、スーツとして普段から履いている人が多いのではないでしょうか?

スラックスは季節によりクリーニングの頻度は異なりますが、夏は2週間に1回、冬は1シーズンに1回程度を目安にクリーニングしましょう。

また、クリーニングの際には宅配クリーニングが便利です。
忙しいビジネスマンでも手軽に使えるので一度利用を検討してみましょう。

-衣類別のクリーニング

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.