リナビス

宅配クリーニング業者

リナビスは最悪?口コミ・評判について調べてみた!

リナビスは職人が一つ一つ丁寧に仕上げをしている高品質な宅配クリーニングサービスです。

しかし「リナビス」と実際に検索してみると「リナビス 最悪」といった関連キーワードが表示されてしまいます。
これから利用するか検討しているのにこのようなキーワードが出てくると気になりますよね?

そこで今回はリナビスの口コミや評判、最悪と出てくる理由についてもしらべましたので参考にしてください。
またリナビスの特徴や運営会社や料金設定などについても調べていますので、こちらも合わせて確認してください。

リナビスの特徴

リナビスとはどんなサービスでしょうか?
まずは特徴について紹介していきますので参考にしてください。

運営会社 株式会社東田ドライ
料金 お試しコース(初回一回のみ)
5点5900円(1点1180円)
送料 無料
お届け 最短5日
サービス シミ抜き無料・長期保管
保管期間 最長6か月間
コンビニ持ち込み 可能

送料無料で24時間いつでも申込可能

リナビスはインターネットから24時間いつでも申込が可能です。
しかも、宅配クリーニングだから日本全国どこからでも利用可能になっています。

また、郵送時かかる送料はリナビスが負担してくれるから、送料を気にせず宅配クリーニングに出すことができます。

初回はお試しコースで5点で5,900円

リナビスには初回お試しコースが用意されており5点で5900円(1点1180円)から利用することができます。

衣類を選ばずどんな服でも同じ値段でクリーニングしてもらえるので、店舗では高くつく衣類でも気にせず出すことができます。
その為、出す衣類によっては店舗型クリーニングよりも安い値段で利用することが可能です。

一般的なクリーニング店だと高くつく衣類

  • コート:1,800円
  • スーツ:1,800円
  • ダウンジャケット:2,000円
  • 半コート:1,500円
  • スキーズボン:1,100円

合計金額:8,200円

リナビスであれば上記の衣類全てだしても5,900円で済みます。
ワイシャツなどの「料金の安い衣類は店舗」で、「料金の高い衣類はリナビス」といった使い分けをする事でクリーニング費用を抑え利用する事も可能です。

熟練の職人が衣類の状態を見て洗ってくれる

創業56年の歴史を持つ老舗がクリーニングをしてくれるから高い衣類でも安心して任せる事ができます。

店舗であれば、衣類の状態をスタッフに伝えることができ、要望にあった方法で洗ってくれますが、宅配クリーニンだとそうはいきません。

そこで、リナビスは熟練の職人が一つ一つ衣類の状態を確認し、責任をもって洗ってくれます。
衣類のプロが判断するからきれいな仕上がりが期待できます。

繊細な素材でも傷めることなくクリーニング出来る

衣類の素材に応じて丸2日かけて自然乾燥を行います。
乾燥機で傷が付いたり縮んでしまう様な繊細な素材(カシミアなど)でも傷める事なく洗う事ができます。

ドレスなどのデリケートな衣類だとクリーニングに出すことを躊躇してしまうところですが、リナビスであれば熱を加えず行う乾燥方法なので縮みのリスクを最小限におさえることが可能です。

リナビスの「8大おせっかい」

「送料無料、ボタン修理、ほつれ修理、シミ抜き、6ヶ月長期保管、毛玉取り、相談、再仕上げ無料、気持ちのこもったサービス」の8つのサービスは全て無料で利用する事ができます。
外れかけのボタンや、ほつれ、シミなどは洋服を着ているうちに気づかないうちに付いてしまうものです。

自分でも気づかなかった衣類の痛みを無料で直してくれるから便利を通り越して「おせっかい」と感じてしまうほどです。
リナビスではこのようなサービスを「8大おせっかい」と呼んでおり無料で使えるサービスとして手軽に利用できます。

店舗と比較しても非常に充実したサービス内容になっています。

リナビスの口コミ

それではリナビスの口コミや評判について見ていきましょう。
良い口コミだけでなく悪い口コミも調べましたので客観的に判断していただけましたらと思います。

リナビスの良い口コミ

良い評判を見ると「無料で6ヶ月保管してくれる点」「5000円で試せるお手軽価格」「高いクリーニング品質」といったリナビスの特徴をよく表している口コミが多いです。

リナビスの悪い口コミ

それでは続いて悪い口コミについて確認していきましょう。

悪い口コミは「衣類が戻ってこない」「リナビスは高い」といった口コミです。
特に衣類が戻ってこないと行った口コミは気になりますね。

リナビスは最悪?苦情が多い?

リナビスと検索すると関連キーワードに「リナビス 最悪」といったキーワードがでてきます。
評判が悪いのではないかと気になりますよね?

そこで「リナビス 最悪」となぜ検索されているのか調べましたので参考にしてください。

「リナビス 最悪」と検索される理由

結論から言うとリナビスが最悪と検索される理由で明確に説明が付くものはありませんでした。

しかし、一部の口コミサイトでは「衣類の紛失トラブルがあった」「汚れが落ちていなかった」といった口コミが投稿されており、このような口コミから最悪と検索されるようになったのかもしれません。

また、「リナビス 最悪」といった関連キーワードを見て気になった人が同じキーワードで調べることで「リナビス 最悪」といったキーワードがよく検索されてしまうという事に繋がっているのではないかと予想されます。

衣類の紛失トラブルがある?

それでは実際に衣類の紛失トラブルがあったのでしょうか。

この点についても憶測になってしまいますが、実際にあったのではないかと思います。
もし、実際に衣類が戻ってこなかったら「最悪」と投稿してしまう人の気持はすごくわかります。

SNSや口コミサイトではこのような意見が悪目立ちしてしまう事も多く、ごく一部で起こったことでも誇張されてしまうことはあるでしょう。

リナビスは苦情が多い?

それではリナビスは苦情が多いのでしょうか?

SNSでの評判や口コミサイトでの評判も確認しましたが苦情の割合はそれほど多わけではなく、良い口コミのほうが良いです。
しかし、確かに悪い口コミも一定の割合であります。

悪い口コミの内容は「衣類の汚れが落ちていない」「衣類が返ってこない」といったことです。

「衣類の汚れが落ちていない」という口コミについて

まず、「衣類の汚れが落ちていない」という口コミですが、クリーニング店と言ってもすべての汚れが落とせるわけではないでしょう。

しかし「クリーニング歴40年の職人が洗ってくれるから大丈夫」といった期待がある為、実際に落とせなかったときの落胆は大きいでしょう。
こういった事情で悪い口コミにつながったのではないかと予想しています。

「衣類が返ってこない」という口コミについて

続いて「衣類が返ってこない」という口コミについてです。

この口コミについては「返ってくるのが遅い」のか「紛失してしまった」のかの判断ができませんので、あまり的確なことは言えません。

おそらく繁忙期などで忙しかったりすると対応が遅れるといった問題が発生すると考えられます。
返ってくるのが遅い程度ならまだ良いのですが紛失となると深刻な問題です。

この点に関してはリナビスの賠償基準などを確認しておくと少しは安心できるのではないでしょうか?

最大でクリーニング費用の40倍までは賠償してくれるようです。

賠償額の算定方式

ドライクリーニングによって処理された場合 クリーニング費用の40倍
ウェットクリーニングによって処理された場合 クリーニング費用の40倍
ランドリーによって処理された場合 クリーニング費用の20倍

引用:クリーニング賠償基準

ほとんどの場合は紛失といった深刻なトラブルは発生しないでしょうが、万が一という事もあります。

リナビスに限らずこのようなトラブルは宅配クリーニングでは起こり得るトラブルといえますので、事前にどこまで保証してくれるか確認しておくと安心できるでしょう。

まとめ

今回はリナビスについて詳しく紹介していきました。
特に気になる口コミや評判についても調べましたが少しは参考になりましたでしょうか?

リナビス 最悪」といった悪い口コミを見ると利用するか迷ってしまいますよね。
しかし、確認する限りそのような口コミはそれほど多くありません。

こういった悪い口コミも含めて冷静に考えリナビスを利用するかどうか検討してください。

また、今後は私自身リナビスを実際に利用してみて感想を記事にしていければと思います。
その際はまた記事を投稿しますので参考にしていただけましたら幸いです。

-宅配クリーニング業者

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.