ジーンズ

衣類別のクリーニング

ジーンズやGジャンはクリーニングに出す?洗い方も紹介

ジーンズはカジュアルに着ることができるオシャレなアイテムの一つです。

こだわりを持っているという人も大勢いるでしょう。
ジーンズはラフな風合いを出すために色落ちさせていたり、ダメージ加工をしている物も多く洗濯や手入れはどうすれば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事ではジーンズの洗い方や、クリーニングに出す際のポイントなどを紹介していきますので参考にして頂けましたらと思います。

ジーンズは洗わない方が良い?

ダメージジーンズを履いた女性

それでは、そもそもジーンズは洗わない方が良いのでしょうか。

確かに、ジーンズを洗わずずっと履いている人、ファブリーズなどを使い匂いのケアだけしている人も居ます。

しかし、汗や皮脂などの汚れがが蓄積してくので、清潔とは言い難いのは事実です。

どうしてもこだわりがあって洗いたくない場合を除いて、定期的に洗っておいたほうが良いでしょう。

色落ちや縮みが気になる

ジーンズを洗うと気になるのが、やはり「色落ち、縮み、型崩れ」などでしょう。

特にダメージ加工してあるジーンズはデリケートで洗濯する事で破れてしまったり、質感が変わってしまう事がありますので注意が必要です。
それらのトラブルに合わない為に、自宅で洗う時の注意ポイントを紹介していきます。

自宅で洗う時の注意ポイント

洗濯機

それでは、ジーンズを自宅で洗う際の注意を紹介していきますので参考にしてください。

ジーンズの加工や状況によってはこれらに注意をしても、色落ちや型崩れなどのトラブルが発生する可能性があります。

失敗したくない場合はクリーニングに出すことを検討してみましょう。

ネットに入れて洗う

ジーンズを洗う時はネットに入れて洗いましょう。

ネットに入れることで洗濯機による生地の擦れなど、ジーンズにかかる負担を軽減し型崩れや色落ちのリスクを減らします。

ジーンズを裏返しで洗う

裏返しにして洗う事もジーンズを傷めずに洗濯する為には有効です。

ジーンズを裏返しにすることで、色落ちや他の衣類への色移りを防ぎます。
裏返しにして、ネットに入れて洗うことで、ジーンズへの負担を軽減できますので活用しましょう。

専用洗剤を使う

ジーンズを洗う際には漂白剤や酵素の入った洗剤を使うことは避けましょう。

これらの成分は汚れを落とすために優れた成分ではありますが、同時にジーンズの色を落としてしまう成分となります。

漂白剤や酵素などの成分が入っていない専用洗剤もありますので、色落ちを避けるのであれば洗剤選びには注意しましょう。

短時間で終わるコースで洗う

ジーンズを洗うなら手洗いが一番です。

しかし、手洗いが面倒な場合などは洗濯機を使っても洗うことは可能です。
洗濯機を使う場合はできる限り、短時間のコースを選びジーンズへの負担を少しでも軽減します。
また、乾燥機の使用は控え、自然乾燥で乾かすことも重要です。

クリーニングで洗う

ここまで、自宅でジーンズを洗う際の注意点を紹介していきました。

しかし、「どうしても失敗したくない。」「自宅で洗うのが面倒」といった場合はクリーニングに出して洗うのが良いでしょう。

ドライクリーニングなら色落ちの心配なし

ジーンズの色落ちが心配な場合はドライクリーニングがおすすめです。

ドライクリーニングでは、色落ちの心配がなく乾燥しやすいというメリットがあります。

ジーンズの洗濯表示で「ドライ可・ドライ不可」を確認しましょう。

ドライ可であればもちろんドライクリーニングは可能です。
不可である場合も、店舗によっては対応してくれますので相談してみると良いでしょう。

革パッチが硬化する事があることに注意

ドライクリーニングは色落ちしないというメリットがありますが注意点もありますので紹介していきます。

ジーンズの後ろポケットにはラベルが付いています。
このラベルが革製品である場合は注意が必要です。

ドライクリーニングは革製品の油分を除去してしまう為、クリーニングに出す事で革の部分が硬化してしまうというリスクがあります。

革パッチが付いている場合はお店に相談してからクリーニングに出すと良いでしょう。

デニム ジャケット(Gジャン)の洗い方

デニムジャケット&ジーンズ

それでは、続いてデニムジャケットの洗い方について確認していきましょう。
ジーンズとの違いはあるのでしょうか?

家庭でもクリーニングは可能

デニムジャケットは家庭で洗濯する事も可能です。
色落ちや風合いの変化が心配という人も居るでしょうが、簡単なポイントを抑えておけば洗う事は可能です。

デニムジャケットを洗う際には裏返しにして、洗濯ネットに入れて洗います。
こうする事で、洋服同士で擦れ合い色落ちや色移りを防ぐ事ができます。

また、洗濯する際は手洗いコースなど衣類に優しいコースを選択すると良いでしょう。
乾燥機の使用は避け、風通しの良い日陰に干しましょう。

クリーニングなら型崩れしない

自宅で洗うのは心配という人はクリーニングを利用しましょう。
クリーニングを利用する事で「型崩れや色落ち」などのリスクを軽減する事ができます。

また、シミや頑固な汚れがついてしまった場合はシミ抜きもしてもらえるので、自宅で洗うよりも汚れを落とす事ができるでしょう。

ジーンズは通常の衣類とは異なり、別料金が発生する可能性があります。
クリーニング前には料金を確認し納得の上で依頼をすると良いでしょう。

デニム ジャケット(Gジャン)の クリーニング費用

お金

それでは、デニムジャケットのクリーニング料金はどれくらいで洗ってもらう事ができるのでしょうか。

料金比較表

今回は主な宅配クリーニング業者と店舗型クリーニングの料金を比較しましたので、参考にしてください。

またデニムジャケットのクリーニング料金は記載がなかっ為、ジャケット類の料金を参考にしています。

実際に利用する際にはこれらの料金とは異なる可能性が高いため、ご自身で問い合わせる事をおすすめします。

クリーニング デニムジャケットのクリーニング料金
リネット 950円〜(素材によって追加費用が発生)
リナビス 1点1,640円(衣類3点クリーニング)
ポニークリーニング 1,900円〜(ダウンジャケットの料金)
白洋舎 2,100円〜(ダウンジャケットの料金)

※デニムジャケットの料金は記載がない場合が多いため、より近いと思われる衣類のクリーニング料金を参照して紹介していきます。

デニム ジャケット(Gジャン)をクリーニングに出すポイント

人差し指を上げる女性

それでは、最後にデニムジャケットをクリーニングに出す際のポイントについて紹介をしていきます。

洗濯表示を確認する

デニムジャケットを洗う前に洗濯表示を確認しておきましょう。
洗濯表示の確認は自宅で洗う際も、クリーニングに出す際にも必要です。

洗濯表示を確認した上で正しい洗い方を選ぶ事が重要です。
またクリーニング業者によっては洗濯表示がない衣類を断っている場合があります。

洗濯表示の有無と洗い方を確認してからデニムジャケットを洗いましょう。

汚れが貯まる前に定期的なクリーニングを

デニムジャケットは定期的にクリーニングに出す事がおすすめです。
クリーニングに出す事で型崩れや色落ちがしづらく長く着る事ができます。

また、シミ抜きなどのオプションを追加する事で、よりしっかりと汚れを落としてもらえます。
汚れが染み込んでしまう前にしっかりと洗い上げてもらいましょう。

まとめ

ジーンズは独自の風合いや、加工がオシャレな衣類です。

洗濯をする事で、色落ちしたり、型崩れしてしまう場合がありますので、自宅で洗う場合には裏返しにしてネットに入れるなど注意が必要です。

色落ちが心配という人はプロであるクリーニング店に頼るというのも一つの手です。
ドライクリーニングをすることで色落ちを防ぎつつジーンズを綺麗に洗うことが可能でしょう。
革パッチがついている場合は固くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。
そのような場合はクリーニング店に相談して見ることをおすすめします。

定期的にジーンズを洗って、清潔さを保ちながらおしゃれを楽しみましょう。

-衣類別のクリーニング

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2021 All Rights Reserved.