宅配クリーニングの基本

ドライクリーニングと水洗いの違いは?衣類に適した方法を選ぼう!

クリーニングには大きく分けて2つの洗い方があります。まずは「水洗い」、そして「ドライクリーニング」です。
一般的にクリーニングといえば水洗いの事を言います。
水洗いとは簡単に言えば水を使って衣類を洗うことです。
反対にドライクリーニングは水を使わずに衣類を洗うことを言います。

それでは2つの洗い方についてもう少し詳しく見ていきましょう。

水洗いについて

水洗いは洗剤や漂白剤などを使用して、お湯(40度〜70度程度)を使いクリーニングします。
家庭用で洗濯する事との違いは、お湯を使い洗う事、水流式の洗濯機ではなくクリーニング専用のドラム式洗濯機で洗うことなどが上げられます。
また、使用している洗剤や漂白剤も汚れが落ちやすいように調整されており家庭で洗濯するよりも汚れを落としやすい工夫がされています。

水洗いのメリット

まず水洗いのメリットは水溶性の汚れを落とすのに最適です。
汗やシミなどの汚れなどは水溶性ですから水で洗い流すことができます。

また、クリーニングでの水洗いには実際には「お湯」を使用しており衣類をキレイに殺菌する事ができます。

水洗いのデメリット

水洗いでは水溶性の汚れを落とすのに最適と言いましたが、反対に油などの汚れを落とすのには向いていません。
また、水を使うことで衣類の膨張や伸縮が起き衣類を傷めてしまう原因になります。

そこで、水洗いでは落とすことのできない油や、水洗いだと傷めてしまう素材でも優しく洗う事ができるドライクリーニングが開発されました。

ドライクリーニングについて

ドライクリーニングとは水の代わりに有機溶剤を使ってクリーニングすることを言います。
有機溶剤は主に石油系と塩素系がありますが、クリーニング店で使われるのは石油系の有機溶剤が主流です。
この溶剤にドライクリーニング用の洗剤を入れて洗浄します。
クリーニングに使用した有機溶剤はそのまま排出してしまうと環境に影響を与えてしまいますので、フィルターで汚れを除去し繰り返し使います。

ドライクリーニングのメリット

水洗いと違いドライクリーニングは油分を使って洗浄するため、油汚れが落ちやすいというメリットがあります。

また、水を使わない為伸縮や型崩れの心配がなく衣類に優しいクリーニング方法です。

ドライクリーニングのデメリット

ドライクリーニングは水を使わないので、汗などの水溶性の汚れは落ちにくいというデメリットがあります。
とくに夏場などは汗をかきますので、ドライクリーニングだけでは汗などの汚れは落ちないという点に注意が必要です。

しかし、汗などの汚れは「汗抜き」をしてもらう事で落とすことができます。普段ドライクリーニングしかしない衣類も季節の変わり目などには汗抜きをしてもらうと良いでしょう。

ドライクリーニング出来る衣類・出来ない衣類

それではドライクリーニング出来る衣類・できない衣類の見分け方を紹介していきます。

ドライクリーニングの出来る衣類

dri

スーツ、ネクタイなど素材にウールやシルクが使われている衣類ががドライクリーニングの対象衣類になります。
また、これらの衣類以外にも洗濯表示を確認して「ドライマーク」の付いている衣類は基本ドライクリーニングで洗濯する必要がある衣類です。
もし、誤って普通に洗濯機で洗ってしまうと型崩れや色落ちなどの危険がありますので自宅で衣類を洗う場合はをする際には洗濯表示を確認してから洗濯をするのがおすすめです。

ドライクリーニングの出来ない衣類

dri

ドライクリーニング不可マークが付いている衣類はドライクリーニングできません。
ドライクリーニングに出す前に一度洗濯表示の確認をおすすめします。
もし、ドライクリーニング出来ない衣類をドライクリーニングに出してしまうと、型崩れや色落ちの原因になってしまうので注意が必要です。

まとめ

ドライクリーニングは水に弱い素材を優しく洗え、型崩れや伸縮を防ぐと言うメリットがあります。
反面汗などの水溶性の汚れに対しての洗浄力が弱いので、夏などで汗を沢山かいた衣類をドライクリーニングに出す際には汗抜きクリーニングも一緒にすると良いでしょう。

水洗いとドライクリーニングを上手に使い分け、洋服に気持ちよく袖を通せるようにしておきましょう!

-宅配クリーニングの基本

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.