衣類別のクリーニング

ダウンジャケットを少しでも安くクリーニングする方法

ダウンジャケットはどうやって洗うのでしょうか?
あまり自宅で洗うイメージのない衣類ですが、面倒くさいものの実は自宅で洗うことが出来るんです。
ダウンジャケットの自宅での洗い方やリスクについて説明していきます。

ダウンジャケットはどうやって洗う?

自宅で洗う

ダウンジャケットを自宅で洗うにはある程度のリスクが伴うということを認識しましょう。
その為、高額のダウンジャケットを自宅で洗う事はあまりおすすめできません。
しかし、ダウンジャケットのクリーニング代を節約できるというメリットがあります。

ダウンジャケットを自宅で丸洗いする手順

①洗濯表示の確認
まずは、洗濯表示が「水洗い可能」である事を確認しましょう。
もし水洗い不可である場合は自宅で洗うことはできませんので注意してください。

②中性洗剤を使う
ダウンジャケットの中に入っている羽毛はアルカリ性に弱いです。
市販されている洗剤の多くはアルカリ性である為、中性洗剤を購入する必要があります。

③バケツに水をはり押し洗い
バケツの中に水と中性洗剤を入れて押し洗いします。
羽毛は水に浮く性質がある為、手で抑えて何度も水の中に沈めてください。
大体50回ほど沈めたらある程度汚れが落ちます。

また、汚れが酷い箇所には中性洗剤スポンジに含ませて20~30回程軽く叩くと汚れを落とすことができます。

④ドライコースで脱水
ダウンジャケットから水気を取るために脱水をします。
脱水には洗濯機のドライコースで行ってください。
ドライコースは衣類に強い力がかからないように優しく洗い上げるコースです。

⑤乾燥させる
脱水が済んだら型がつく前にすぐに取り出し干しましょう。
干す際の場所選びは重要で、風通しの良い日陰に干しましょう。
また、ダウンジャケットは水を通しづらく乾燥しづらいため2日間ほど干しておくことも大切です。

ある程度乾燥してきたら偏りが出ないように中の羽毛を両手で軽く叩いてほぐしておきましょう。

失敗すると着心地が損なわれるので注意

ダウンジャケットを自宅で洗うと失敗のリスクが伴います。

失敗した場合はダウン本来のふわふわの着心地が損なわれることになります。
特に洗濯表示はしっかりして間違った方法で洗わないように注意してください。
また、自宅で洗う場合は自己責任で行ってください。

確実に洗うならクリーニング

ダウンジャケットを洗うならクリーニングが確実です。
また、羽毛がヘタり着心地が悪くなるようなリスクもありません。

値段が高いダウンジャケットであれば自宅で洗うよりもクリーニングに出したほうが安心できるでしょう。

クリーニングに出すとそれなりの値段がかかる

クリーニングに出すと店舗にもよりますが、だいたい2000円から5000円程かかります。
それでは主なクリーニング店のダウンジャケットのクリーニング相場を紹介していきます。

ダウンジャケットのクリーニング相場

店舗 ダウンジャケットクリーニング価格
白洋舎 2,000円+税
ホワイト急便 1,520円〜
ポニークリーニング 1,600円+税〜 2880円+税〜
うさちゃんクリーニング 1933円〜

宅配クリーニングなら安く済む

それではダウンジャケットのクリーニング料金をもっと安くする方法はないのでしょうか?

実は、宅配クリーニングであれば安くダウンコートをクリーニングすることが出来るのです。
宅配クリーニングは店舗型のクリーニングと違う料金体系を採用している所があります。

例えばリナビスの5点コース4900円といったコースです。
このコースはダウンジャケットはもちろん、どんな衣類でも5点4900円でクリーニングしてくれると行った料金体系です。
ですから、店舗だとクリーニング代金の高い衣類でも安くクリーニングする事が出来るのです。

価格や口コミからリナビスがおすすめ

宅配クリーニングの中ではリネットやリナビス、せんたく便が有名です。
もちろん、どの宅配クリーニングサービスも良いと思いますが、ネットの口コミやサービス内容からリネットが特におすすめです

初回なら1点辺り980円でクリーニング出来る

リネットは初回であれば5点コース4900円で利用することが出来ます。
もちろん送料は無料です。

この5点コースは1点あたりの価格に直すと980円になりますので、どの店舗よりも安い価格でダウンジャケットをクリーニング出来るのです。

ダウンジャケットを店舗でクリーニングすると最低でも1500円以上かかりますので、これは安いのではないでしょうか?
もちろん、ダウンジャケット以外にもクリーニングに出せますので、店舗でクリーニングに出すと値段が高くなってしまいがちな衣類をまとめてクリーニングに出すチャンスです。

ジャケットの価格で洗い方を変える

自宅でダウンジャケットを洗うと手間もかかりますし、羽毛がヘタってしまうリスクがあります。
しかし数千円のダウンジャケットをクリーニングに出すのは勿体無いような気がしますよね。
やはりそういった場合はクリーニングに出すよりも自宅で洗ったほうが金銭的にはお得でしょう。

しかし、数万円程度するジャケットであれば自宅で洗うのはおすすめしません。
やはりクリーニング出して洗ってもう方が確実です。

その際には先ほど紹介した宅配クリーニング「リナビス」が使いやすくておすすめです。
初回は安いので一度試してみると良いでしょう。

-衣類別のクリーニング

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.