宅配クリーニングの基本

洗濯表示で確認しよう!クリーニング出せる衣類と出せない衣類

クリーニングに出して良い衣類とダメな衣類を理解していますか?
高価な衣類や、お気に入りの服をきれいに洗いたい場合は、クリーニングに出すか自分で洗濯するか迷ってしまいますよね?

当然、クリーニングに出したほうがきれいになりますが、中にはクリーニングに出せない衣類もあります。

クリーニングに出せる衣類と出せない衣類を予め把握し利用することが大切です。
それでは、どんな衣類がクリーニングに出せないのでしょうか?

まずクリーニングに出す前に、洗濯表示を確認しましよう。
これらのマークが付いている衣類はクリーニングに際に注意が必要です。

いろいろある洗濯表示

それでは続いてよく付か洗濯表示を確認していきましょう。

水洗い不可

mizu

このマークが付いている衣類は、水洗いをすると形状変化する可能性があるため水洗いができません。
このマークが付いている衣類は自宅で手洗いをするか、普通のクリーニングではなくドライクリーニングに出す必要があります。

ドライクリーニング不可

dri

このマークはドライクリーニング出来ない事を表すマークです。このマークが付いている衣類はドライクリーニングに出すことが出来ません。

クリーニングに出せない衣類

水洗い不可&ドライクリーニング不可

この2つのマークが付いている衣類は基本的に洗濯することができません。
万一汚してしまった場合は中性洗剤を水で薄めた物を布に染み込ませ拭きとってください。

宅配クリーニングに出す際は事前に電話などで確認を取ると良いでしょう。
店舗型クリーニングに出す場合はお店に直接持ち込んで相談してください。

人工皮革・合成皮革

また、人工皮革や合成皮革はクリーニングに出す際には特に注意が必要です。
人工皮革や合成皮革には「ポリウレタン」や「塩化ビニル」という素材が使われています。

素材にポリウレタンが使われている場合は大丈夫なのですが、塩化ビニルが使われている場合、ドライクリーニングをすると質感がバリバリに固くなってしまいます。

塩化ビニルかどうかの判断は見た目では難しく、誤ってドライクリーニングに出してしまわないように注意してください。

洗濯表示のない衣類

洗濯表示のない衣類はクリーニング業者によっては受け付けてくれない場合があります。

ちぎれてしまったりして洗濯表示がなくなってしまった場合などはクリーニングに出すことが出来ない可能性があるので気をつけましょう。

万一洗濯表示がなくなってしまった場合は店舗型クリーニング等に持ち込んで直接スタッフの方に相談すると良いでしょう。

万一クリーニングに出せない衣類を出してしまった場合は?

万一クリーニングに出せない衣類を持って行った場合でも心配はありません。
店舗型の場合であれば、その場で店員さんが洗濯表示を確認しクリーニングに出せない場合は受け取りません。

また、宅配クリーニングの場合はクリーニングされずに返却されます。

ですので、クリーニングできるか出来ないか判断するのが難しい場合は、何も考えずクリーニングに出してみるのも手です。

しかし、何かの間違いでクリーニングされてしまう可能性も考えると、お気に入りの衣類や、高価な衣類くらいは自分でも洗濯表示を確認しておくくらいの方が無難でしょう。

まとめ

洗濯表示は今回紹介した物以外にもたくさんあり、それぞれに意味があります。

最初は面倒かもしれませんが、衣類を清潔に、見た目もきれいに保存したい場合はやはり洗濯表示をしっかりと覚えておく必要があります。
ご家庭で洗濯する際も洗濯表示を確認して、衣類に合わせた方法で洗えば、型崩れや色落ちといったリスクを減らせます。

洗濯表示を理解してお気に入りの衣類をきれいに長持ちさせましょう。

-宅配クリーニングの基本

Copyright© 宅配クリーニング比較ナビ , 2020 All Rights Reserved.